2016
08.2502:15

〔海外地震〕ミャンマー中部でM6.8 死者4人 負傷者多数(8/24~)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国地質調査所(USGS)によると、日本時間8月24日19:34頃、ミャンマー中部を震源とするM6.8の地震が発生しました。この地震で、これまでに少なくとも4人が死亡し、多数の負傷者が出ている模様です。また、周辺諸国でも被害が発生している模様です。【8月26日08:00現在、レスキューナウまとめ】

【発生事象】(USGS)
震源地:ミャンマー中部(北緯20.9度 東経94.5度)
近隣都市からの方角・距離:
ミャンマー・チャウクの西 25.0km
ミャンマー・イェナンジャウンの北北西 58.8 km
ミャンマー・パコックーの南西 69.8 km
ミャンマー・ミンブーの北北西 87.4 km
ミャンマー・マグウェの北北西 92.8 km

発生日時(日本時間):8月24日19:34頃
震源の深さ:84.1km
地震の規模:M6.8

・最大都市ヤンゴンでも揺れ タイの首都バンコクでは高層ビルが揺れるのが確認できる揺れに インド東部の大都市コルカタでは揺れに驚いた住民が屋外に飛び出す〔AFP〕
・タイのバンコクでは商業施設が入る高層ビルから客らが一時避難〔ANN〕
・震源地に近い観光地バガンのホテルの従業員「2分くらい揺れが続き宿泊客が一時外に避難 けが人や物が壊れるなどの被害はない」〔NHK〕

■人的被害
【死者】少なくとも4人〔JNNなど〕
・震源近くの村で建物が倒壊、近くにいた22歳の男性が死亡〔AFP〕
・マグウェ地域で7歳と15歳の少女2人が死亡〔AFP〕

【負傷者】多数
・震源地近くでは家屋倒壊により、多数のけが人〔NHK〕
・外国人観光客が落下物により負傷との情報あり〔産経〕
・現地報道によると、隣国バングラデシュでも20人以上の負傷者〔TBS〕

【邦人安否】
・ミャンマーの日本大使館によると、この地震で日本人が被害に遭ったとの情報はない〔NHK〕

■物的被害
【建物被害】
・震源地の近くでは家などが崩れている〔NHK〕
・震源に近いバガンでは、観光拠点でもあるパゴダ(仏塔)の複数が倒壊、少なくとも94のパゴダが壁画にひびが入るなどの被害を受ける〔AFP・NHK〕
・2500以上あるバガンの仏教遺跡のうち171が地震によって損壊、パゴダ(仏塔)も200基近くが損壊と当局発表〔AFP〕
・首都ネーピードーでは、連邦議会棟の天井が損傷、窓ガラスも割れた〔共同〕

■基礎データ
ミャンマー連邦共和国
人口:5141万人
首都:ネーピードー
在留邦人数:1367人(外務省発表)

This site is managed by
Rescuenow Inc.

このサイトは危機管理情報企業、株式会社レスキューナウ 危機管理情報センター(RIC24)が運営しています。

レスキューナウで配信しているニュースのほか、他社配信記事からのクリッピングも掲載しています。

RIC24について
このサイトについて
個人情報について
サイトのご利用について
お問い合わせ