2016
08.1610:30

ペルー南部の山間部でM5.4の地震 4人死亡(8/15)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国地質調査所(USGS)によると、日本時間8月15日11:58頃、ペルー南部を震源とするM5.4の地震が発生しました。この地震で、倒壊した住宅の下敷きになるなどして、4人が死亡し、複数の負傷者がいる模様です。今のところ日本人の被害の情報は入っていません。【8月16日10:30現在、各種報道などからレスキューナウまとめ】

【発生事象】(USGS)
震源地:ペルー南部(南緯15.6度 西経71.6度)
近隣都市からの方角・距離:
ペルー・コポラケの西北西 3.1 km
ペルー・アレキパの北 88.2 km
ペルー・シクアニの南南西 156.1 km
ペルー・カマナの北東 157.8 km

発生日時(日本時間):8月15日11:58頃
震源の深さ:10km
地震の規模:M5.4

■被害状況
【人的被害】〔NHK・ロイター〕
・死者:4人
・負傷者:50人以上

・地震は銅生産地である同国南部アレキパ県カイリョマで発生〔ロイター〕
・現地では多くの家屋が倒壊し、医療施設や学校、高速道路も損傷し、停電や固定電話が不通になっている〔ロイター〕
・死亡が確認された4人の中には、ヤンケのホテルに宿泊していた米国人観光客の男性(66)も含まれている〔ロイター〕
・一夜が明けて、震源に近い複数の地区から被害の報告があり、ペルーの防災当局によると、この地震で合わせて163棟の住宅が倒壊した〔NHK〕
・倒壊した住宅の下敷きになるなどして、これまでに4人が死亡、55人がけがをした〔NHK〕
・ペルーの首都リマにある日本大使館によると、今のところ、日本人の被害の情報は入っていない〔NHK〕
・南半球にあるペルーは今、冬で、被災した人たちは寒さの中での避難生活を強いられているが、現地は道路が寸断されて孤立している集落もあり、救助活動や救援物資の輸送などは難航している〔NHK〕

■基礎データ
ペルー共和国
人口:約3115万人
首都:リマ
在留邦人数:3585人(外務省発表)

This site is managed by
Rescuenow Inc.

このサイトは危機管理情報企業、株式会社レスキューナウ 危機管理情報センター(RIC24)が運営しています。

レスキューナウで配信しているニュースのほか、他社配信記事からのクリッピングも掲載しています。

RIC24について
このサイトについて
個人情報について
サイトのご利用について
お問い合わせ