2016
03.2911:00

〔霧島山〕噴火の兆候確認されず 噴火予報(活火山であることに留意)へ引下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

29日10:00、福岡管区気象台と鹿児島地方気象台は、宮崎県・鹿児島県境の霧島山について、えびの高原(硫黄山)周辺の地震活動が低下し、周辺に影響を及ぼす噴火の兆候が認められなくなったとして、火口周辺警報(火口周辺危険)から噴火予報(活火山であることに留意)へ引下げる「噴火予報」を発表しました。
霧島山では、えびの高原(硫黄山)周辺の浅いところを震源とする火山性地震の増加にともない、2月28日に火口周辺警報(火口周辺危険)に引き上げる噴火警報を発表していました。
しかし、2月28日には53回を観測した火山性地震も、その後は1日あたり0から5回と少ない状態で経過し、火山性微動も2月11日以降は観測されておらず、また、えびの高原(硫黄山)の周辺の一部の基線で、わずかな伸びの傾向が認められていましたが、2015年10月ごろから停滞しているとのことです。
ただし、硫黄山周辺の噴気と熱異常地域の拡大は引き続き認められており、今後の活動の推移には注意が必要です。また現在噴火警戒レベル2(火口周辺規制)が発表されている新燃岳、噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)が発表されている御鉢や他の地域の活動に変化はなく、予報警報事項に変更はないとのことです。

■対象市町村(特段の警戒の必要なくなる)
宮崎県 :えびの市
鹿児島県:霧島市

■防災上の警戒事項
注意:火口周辺での火山ガスに注意
   活火山であることから、規模の小さな噴出現象が突発的に発生する可能性に留意

This site is managed by
Rescuenow Inc.

このサイトは危機管理情報企業、株式会社レスキューナウ 危機管理情報センター(RIC24)が運営しています。

レスキューナウで配信しているニュースのほか、他社配信記事からのクリッピングも掲載しています。

RIC24について
このサイトについて
個人情報について
サイトのご利用について
お問い合わせ