2015
11.2015:45

〔箱根山〕噴火の可能性下がる 噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)へ引下げ 大涌谷周辺への立入規制は継続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20日14:00、気象庁地震火山部は、神奈川県の箱根山について、大涌谷周辺の想定火口域での噴火の可能性が低くなったとして、噴火警戒レベルをレベル2(火口周辺規制)からレベル1(活火山であることに留意)へ引下げる「噴火予報」を発表しました。

箱根山では、大涌谷周辺での火山性地震の増加を受けて、ことし5月6日に噴火警戒レベルがレベル2(火口周辺規制)に引上げられ、さらに6月30日には大涌谷周辺でごく小規模な噴火が発生したとしてレベル3(入山規制)に引上げるなど、火山活動の活発な状態が続いていました。
しかし、最近では火山性地震が減少し、山体の膨張が停止するなど火山活動の低下がみられており、9月11日には噴火警戒レベルはレベル2(火口周辺規制)に引下げられていました。

なお、気象庁では、大涌谷周辺の想定火口域では、噴気活動が活発なところがあることから、火口や噴気孔周辺では噴気や火山ガスに注意するよう呼びかけています。
また、箱根町は、大涌谷周辺で引き続き高い濃度の火山性ガスが観測されていることから、噴火警戒レベルの引下げ後も、現在発表中の避難指示および大涌谷周辺への立入規制は継続するとしています。

■箱根山 火山活動の推移(2015年)
<火山性地震の増加>
・4月26日頃~
 大涌谷付近を震源とする火山性地震が増加。
・5月5日
 箱根町湯本で震度1の有感地震を3回観測。

<噴火警戒レベル2(火口周辺規制)へ>
・5月6日
06:00 気象庁が噴火警報を発表、噴火警戒レベルをレベル2(火口周辺規制)に引上げ。
06:10 箱根町が大涌谷周辺に避難指示を発令。
 箱根ロープウェイは、始発から早雲山~桃源台駅間の全線で運休。
・5月15日
 1日あたりの火山性地震の回数が442回と一連の火山活動では最も多くなる。

<ごく小規模な噴火→噴火警戒レベル3(入山規制)へ>
・6月29日
07:32 火山性微動が約5分間にわたって観測される。火山性微動の観測は初めて。これ以降、火山性地震が増加。
12:45 機動観測班が大涌谷の北約1.2kmの上湯場付近で降下物を確認。その後、早雲山周辺などでも同様の降下物が確認される。
16:00頃~
 噴出現象との対応が示唆されるごく小さな空振が断続的に観測され始める。
21:20 気象庁は降下物について「新たに生成された噴気孔からの土砂の噴き上げによるものと推定され、噴火ではない」との見解を示す。
・6月30日
06:56 神奈川県西部を震源とする地震、箱根町湯本で震度3を観測。
10:32 静岡県東部を震源とする地震、箱根町湯本で震度3を観測。
午前  神奈川県温泉地学研究所と気象庁が実施した現地調査で、29日に生成を確認した噴気孔の周辺で火山灰等の噴出物の堆積、およびロープウェイ大涌谷駅周辺で降灰を確認。
12:30 気象庁が「昨晩から本日にかけて箱根山(大涌谷)でごく小規模な噴火が発生したとみられる」として噴火警報を発表、噴火警戒レベルをレベル3(入山規制)に引上げ。
12:30 箱根町が避難指示の対象範囲を拡大(これまでの大涌谷周辺に加えて、姥子地区の一部、上湯場、下湯場地区の一部、早雲郷別荘地にも拡大)。
・7月1日
早朝  遠望カメラに火山灰の付着を確認。ごく小規模な噴火が継続している模様。これ以降、現在まで噴火の観測はなし。
・7月3日
00:00 箱根町が災害対策基本法第63条に基づき、大涌谷周辺の想定火口域から約700mの範囲を警戒区域に設定。

<火山活動の低下→噴火警戒レベル順次引下げ>
・8月下旬
 4月頃からみられていた山体膨張が停止した模様。
・8月24日
09:00 警戒区域の一部解除(県道734号線の一部及び早雲郷別荘地の一部)、避難指示の一部解除(早雲郷別荘地)。
・9月11日
14:00 噴火警戒レベルをレベル2(火口周辺規制)に引下げ。
・9月14日
10:00 警戒区域の見直し、避難指示の一部解除(姥子地区の一部、上湯場、下湯場地区の一部)。
・10月30日
 箱根ロープウェイ、姥子~桃源台駅間で運転再開 代行バスは全区間で運行継続。
・11月20日
14:00 噴火警戒レベルをレベル1(活火山であることに留意)に引下げ。

■対象市町村
神奈川県:箱根町

◆用語解説:噴火警戒レベル
火山活動の状況に応じて警戒が必要な範囲や、とるべき防災対応を以下の5段階に区分して発表する指標で、避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なります。
・レベル5(避難):危険な居住地域からの避難等が必要。
・レベル4(避難準備):警戒が必要な居住地域での避難の準備、災害時要援護者の避難等が必要。      
・レベル3(入山規制):登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制等。状況に応じて災害時要援護者の避難準備等。
・レベル2(火口周辺規制):火口周辺への立入規制等。
・レベル1(活火山であることに留意):状況に応じて火口内への立入規制等。【現在の箱根山の噴火警戒レベル】

Fotolia_5470673_XSs

This site is managed by
Rescuenow Inc.

このサイトは危機管理情報企業、株式会社レスキューナウ 危機管理情報センター(RIC24)が運営しています。

レスキューナウで配信しているニュースのほか、他社配信記事からのクリッピングも掲載しています。

RIC24について
このサイトについて
個人情報について
サイトのご利用について
お問い合わせ