2015
02.1104:48

東日本大震災から3年11ヶ月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月11日、東日本大震災が発生してから3年11ヶ月

◆人的被害・避難者数
・2011年3月11日、国内最大規模となるM9.0の地震が発生し、大津波により東北地方の太平洋沿岸に大きな被害をもたらした。警察庁によると、2015年2月10日現在、死者1万5890人、行方不明者2590人、死者不明を合わせて1万8480人。

・復興庁によると、2014年9月30日現在、震災関連死は1都9県で3194人。直接死・行方不明者と合わせると合計2万1674人。

・復興庁によると、2015年1月15日現在、避難者数は22万9897人。県外避難は5万3994人(福島4万5735人、宮城6807人、岩手1452人)。

・1月21日、宮城県は震災被災者向けの仮設住宅について、復興公営住宅の整備が終わる市町では入居期限を原則5年までとする方針を明らかにした。宮城県の避難者は1月15日現在、7万2244人。

・1月30日、福島県は原発事故の避難者向け復興公営住宅(整備予定4890戸)について、2016年度中に整備できないことが確実になったと発表した。新たに17年度までに整備する方針を明らかにしたが、一部で造成工事が必要なこと、いわき市などで用地取得が遅れていることなどから、完成の見通しは立っていない。

◆余震の発生状況
・気象庁によると、2015年2月3日12時現在、東北地方太平洋沖地震の余震は、震度4は271回、震度5弱は47回、震度5強は15回、震度6弱は2回、震度6強は2回、震度7は1回(本震)で338回となった。

◆生活再建・復興
・1月21日、ファミリーマートは、避難指示が解除された福島県田村市都路地区に「ファミリーマート田村都路店」をオープンした。1月30日、福島県楢葉町で震災直後から休業していた「ファミリーマート楢葉町上繁岡店」の営業を再開した。

・1月29日、JR東日本は震災で被災した仙石線について、5月30日から全線で運転を再開すると発表した。

・2月5日、福島県は震災や原発事故の被災者向け仮設住宅に、被災地で活動する医療関係者や警察官などが入居できるようルールを改める通知を出した。入居期間は最長1年。

◆除染・中間貯蔵施設・廃炉・がれき
・1月22日、東京電力が福島第一原発周辺の井戸から汚染水をくみ上げ、処理後に海に流す計画について、原子力規制委員会が認可したことが明らかになった。東京電力は地元の理解が得られるまでは海に放出しないとしている。

・2月3日、原発事故の除染で出た汚染土を保管する中間貯蔵施設の工事を開始した。福島県の大熊町と双葉町をまたがる場所で、環境省は3月中に搬入を始めたいとしている。

◆健康・食
・1月28日、福島県本宮市で生産された大豆が、義務付けられている県の放射性物質検査を受けずに販売されていたことが報道などで明らかになった。大豆は市内のスーパーで販売されていて、県が回収した大豆を検査したところ放射性物質の基準値は下回っていた。

・2月2日、県民健康調査検討委員会「甲状腺検査評価部会」で、福島県が原発事故を受けて当時18歳以下だった子供を対象に実施している甲状腺検査について、一部の部会員から、見つかった甲状腺がんの診断・治療が過剰診断の可能性が高いとする意見が出た。

◆訴訟・判決
・1月13日、震災の津波で死亡した常磐山元自動車学校(宮城県山元町)の教習生らの遺族が学校側に損害賠償を求めた裁判で仙台地裁は賠償を命じた。27日、学校側・遺族側の双方が控訴したことが明らかになった。

・1月22日、東京地検は原発事故をめぐり業務上過失致死傷容疑で検察審査会が起訴相当と議決した勝俣元会長らについて、嫌疑不十分として不起訴処分にした。

・1月29日、岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」保存プロジェクトで、特定の業者(東京都)と随意契約したのは違法の可能性があるとして、市民グループが市に損害賠償を求める訴訟を盛岡地裁に起こした。松の保存費用は約1億5千万円で、市は保存費用の寄付を募り、約1億7千万円が集まった。

◆事件・事故・不祥事
・1月28日と29日、公正取引委員会は震災で被災した高速道路の復旧工事について、談合の疑い(独占禁止法違反)で、20社の強制調査を行った。

・1月29日、大船渡市はがれき処理などで業者に委託した復旧事業の委託料700万円あまりを支払わず3年半放置していたことがわかり、担当の職員を減給の懲戒処分にしたと発表した。

・2月9日、警視庁は原発事故でシイタケ生産が風評被害を受けたとするうその書類を提出し、東京電力から4100万あまりをだまし取ったとして、NPO法人「東日本大震災原子力災害等被災者支援協会」(東京都)の元幹部の男らを新たに逮捕したと発表した。

◆その他
・1月23日、政府は東日本大震災から4年の3月11日に政府主催の追悼式を開くことを決めた。

・2月1日、東京電力福島第一原発を訪れた主人公が鼻血を出す描写で議論を呼んだ漫画「美味しんぼ」の原作者の雁屋哲氏が単行本「美味しんぼ『鼻血問題』に答える」を出版することが明らかになった。

・2月9日、放送倫理・番組向上機構は昨年9月にテレビ朝日の報道番組で放送された九州電力川内原発をめぐる報道について「放送倫理に違反する」と発表した。

[関連記事]
◆東日本大震災から3年10ヶ月
http://www.rescuenow.net/%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E7%AE%A1%E7%90%86%E3%83%88%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/839

◆グラフで見る大震災(被害数の推移:2013/6/18)
http://www.rescuenow.net/2013/06/618-2.html

※情報は発信時点のもので、最新の状況と異なる場合があります。
※写真はイメージです。本文と直接関係はありません。

イメージ22

This site is managed by
Rescuenow Inc.

このサイトは危機管理情報企業、株式会社レスキューナウ 危機管理情報センター(RIC24)が運営しています。

レスキューナウで配信しているニュースのほか、他社配信記事からのクリッピングも掲載しています。

RIC24について
このサイトについて
個人情報について
サイトのご利用について
お問い合わせ