2014
11.1602:40

日本学術会議フォーラム「東日本大震災・阪神淡路大震災等の経験を国際的にどう活かすか-三十学会からの発信-」(11/29開催:六本木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成26年11月29日(土)、日本学術会議学術フォーラム「東日本大震災・阪神淡路大震災等の経験を国際的にどう活かすか-三十学会からの発信-」が日本学術会議講堂(東京都港区六本木)で開催されます。最新の情報は運営者ホームページでご確認下さい。

日本学術会議学術フォーラム「東日本大震災・阪神淡路大震災等の経験を国際的にどう活かすか-三十学会からの発信-」

国連防災世界会議(2015年3月仙台市)、世界工学会議(2015年11月京都市)に先立ち、わが国の防災・減災に関連する諸学会、および社会経済や医学等の幅広い分野の学者が集まり、東日本大震災・阪神淡路大震災をはじめとするこれまでの自然災害から得られた知見を、世界の防災・減災にどう活かしていくべきかを、分野の壁を越えて議論する。

日時:平成26年11月29日(土)10:00~17:30
会場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22番地34号)
 東京メトロ千代田線 乃木坂駅 出口5
 http://www.scj.go.jp/ja/other/info.html

主催:日本学術会議土木工学・建築学委員会、東日本大震災の総合対応に関する学協会連絡会
参加申込み:下記フォームよりお申し込みください

プログラム
司会:目黒公郎(日本学術会議連携会員、東京大学教授)
10:00‐10:20 挨拶・趣旨説明
 本フォーラムの趣旨、学協会連絡会の紹介 和田章(日本学術会議会員、東京工業大学名誉教授)
 来賓挨拶 国連防災世界会議 国内準備会合
 世界工学会議 国内準備委員会

10:20‐12:00 講演
講演1:国連防災世界会議について
 大西隆(日本学術会議会長,豊橋技術科学大学学長,東京大学名誉教授)
講演2:日本学術会議の国際活動について
 春日文子(日本学術会議副会長)
講演3:世界工学会議について
 依田照彦(日本学術会議会員,早稲田大学教授)
講演4:災害に強い国土と環境
 嘉門雅史(日本学術会議会員,京都大学名誉教授)
講演5:地球気候変動と防災・減災
 小松利光(日本学術会議会員,九州大学名誉教授)

13:00‐17:00 ディスカッション「大震災の経験を国際的にどう活かすか」(14:55-15:10 休憩)
 コーディネータ米田雅子(日本学術会議連携会員、慶應義塾大学特任教授)
 パネリスト「東日本大震災の総合対応に関する学協会連絡会」各学会の代表者

13:00‐14:55 セッション1
 技術面を中心とした議論

15:10‐17:00 セッション2
 社会面を中心とした議論

お問合せ窓口
 小野口弘美(東京工業大学)onoguchi.h.aa@m.titech.ac.jp

◆イベントホームページ
http://committees.jsce.or.jp/2011quake/node/170

◆ポスター
http://jeqnet.org/sympo/1129_Forum_0722.pdf

※写真はイメージです。本文とは直接関係ありません。

その他の震災や原発に関わるセミナー・イベント情報はこちら(Googleカレンダー)
http://www.google.com/calendar/embed?src=604ngfgr66o3dcbika23ml6ih4%40group.calendar.google.com&ctz=Asia/Tokyo

◆セミナー掲載依頼はこちらから(掲載は無料です)
http://www.rescuenow.net/2010/04/post-1565.html

 

This site is managed by
Rescuenow Inc.

このサイトは危機管理情報企業、株式会社レスキューナウ 危機管理情報センター(RIC24)が運営しています。

レスキューナウで配信しているニュースのほか、他社配信記事からのクリッピングも掲載しています。

RIC24について
このサイトについて
個人情報について
サイトのご利用について
お問い合わせ