2017
01.0418:30

年末年始の山で遭難相次ぐ、7人死亡(12/29~1/3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

複数の報道によると、年末年始期間中(12月29日~1月3日)、各地の山で登山者の遭難が相次いでおり、これまでに7人の死亡が確認されています。【1月4日18:30現在、各種報道からレスキューナウまとめ】

■遭難の状況
<北アルプス>
【槍ケ岳(長野・岐阜県境、標高3180m)】2人負傷
・12月31日、槍ヶ岳の岐阜県側の飛騨沢で、男女6人のパーティのうち3人が滑落、うち2人がけがをしており、他のメンバーとともに現地にとどまり救助を待つとのこと〔NHK・産経〕
・1月1日、岐阜県警のヘリが滑落した3人のうち負傷した2人を救助、いずれも軽傷の模様、残る1人は他のメンバーと自力下山〔NHK・読売〕

【八方尾根(長野県)】1人重体
・1月2日13:00過ぎ、八方尾根北側の斜面で雪崩が発生、山スキーをしていた3人のうち長野県白馬村在住の20代の男性が巻き込まれ、意識不明の重体に〔NHK・朝日〕

<中央アルプス>
【伊那前岳(長野県、標高2884m)】1人死亡
・12月30日12:00過ぎ、伊那前岳に登山中の2人パーティーのうち横浜市在住の20代男性が稜線付近から約300m滑落、救助されるも31日未明に死亡確認〔NNN〕

【宝剣岳(長野県、標高2931m)】1人負傷
・12月30日、宝剣岳で神戸市在住の30代女性が滑落し、右足の骨を折るなどの重傷〔NNN〕

<南アルプス>
【北岳(山梨県、標高3193m)】1人死亡
・12月31日11:30頃、北岳山頂に近い標高3000m付近で、下山中の登山者から男性が滑落するのを目撃したとの通報、捜索により標高2800m付近の沢で倒れていた男性を発見するも搬送先の病院で死亡確認〔NHK〕

【甲斐駒ケ岳(長野・山梨県境、標高2967m)】1人死亡
・1月2日15:00頃、甲斐駒ケ岳の山頂付近で、別の救助活動を行っていたヘリが長野県側の沢に男性が倒れているのを発見し収容、搬送先の病院で死亡を確認 さいたま市在住の30代男性と確認され、登山中に滑落したものとみられる〔NHK〕

【小赤石岳(長野・静岡県境、標高3081m)】1人負傷
・1月2日07:50頃、小赤石岳の登山道付近で、愛知県岡崎市在住の40代男性が滑落し、胸の骨を折る大けが〔朝日〕

<その他>
【雁坂峠(埼玉・山梨県境、標高2082m)】2人死亡
・1月1日07:50頃、雁坂峠近くの登山道で男性が滑落したと同行の登山者が山小屋に救助を求める、救助に向かった別の男性も同じ場所で滑落し2人とも死亡が確認された〔NHK・毎日〕

【富士山(静岡・山梨県境、標高3776m)】1人死亡、1人心肺停止、1人負傷
・1月1日13:00頃、富士山8合目付近で男性が滑落したの通報、山梨県警のヘリが6合目付近の沢でこの男性を発見するも死亡を確認、神奈川県海老名市在住の30代男性と判明〔NHK・産経〕
・通報した神奈川県在住の40代男性もその後滑落し8合目の下山道付近で発見され翌2日に救助、左足などを負傷も命に別状はない〔NHK〕
・1月2日10:00頃、警察のヘリコプターが6合目付近で救助を求めていた男性とは別の男性を発見、救助するも心肺停止の状態〔NHK〕

【八ケ岳(長野・山梨県境、標高2899m(赤岳))】1人死亡、1人負傷
・12月30日、八ケ岳連峰赤岳の地蔵尾根で、東京都在住の30代女性が滑落し、右ひじの骨を折る重傷〔NNN〕
・1月3日11:00前、長野県の八ケ岳連峰の標高2000m余りの登山道の脇で人が倒れているのを登山者が発見、ヘリコプターで搬送も死亡を確認、死因は低体温症とみられる〔NHK〕

【大枝山(京都府、標高480m)】1人不明
・1月2日に日帰りで登山に出かけた京都府亀岡市在住の70代男性が同日夜になっても帰宅せず、3日朝以降連絡が取れなくなったため家族が捜索願を提出、男性は宿泊装備を持っていないという〔共同〕

This site is managed by
Rescuenow Inc.

このサイトは危機管理情報企業、株式会社レスキューナウ 危機管理情報センター(RIC24)が運営しています。

レスキューナウで配信しているニュースのほか、他社配信記事からのクリッピングも掲載しています。

RIC24について
このサイトについて
個人情報について
サイトのご利用について
お問い合わせ