2016
11.14

〔海外地震〕ニュージーランド南島付近でM7.8の地震 2人死亡 翌日も地震相次ぐ(11/13~)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本時間11月13日20:02頃、ニュージーランド南島付近を震源とするM7.8の地震が発生しました。現地では津波が観測されたほか、余震も頻発しています。
この地震でこれまでに2人の死亡が確認されたほか、震源地近くでは建物の倒壊被害や海岸沿いの道路寸断による孤立地域などが生じていて、更なる被害拡大が懸念されます。【11月14日14:00現在、レスキューナウまとめ】

■地震概要
【発生事象】(気象庁・USGS)
・発生日時(日本時間):2016年11月13日(日)20:02頃
・震源地  :ニュージーランド南島北部付近(南緯42.7度 東経173.0度)
・震源の深さ:23km
・地震の規模:M7.8(当初M7.4)

【津波情報】
・この地震による日本への津波の影響はない(気象庁)

<ニュージーランドで観測された津波>(PTWC)
・カイコウラ(南島)   1.47m
・ウェリントン(北島)  0.43m
・カスルポイント(北島) 0.12m

【近隣都市からの方角・距離】
・ニュージーランド・アンバーリーの北北東 53.5 km
・ニュージーランド・カイアポイの北北東 77.7 km
・ニュージーランド・クライストチャーチの北北東 93.5 km
・ニュージーランド・ブレナムの南南西 155.7 km
・ニュージーランド・リッチモンドの南 158.4 km

【余震情報】(USGS:M6以上、発生時刻は日本時間)
・14日09:34頃 M6.5 南緯42.58度 東経173.28度 10.0km
・13日22:31頃 M6.2 南緯42.29度 東経173.69度 8.3km
・13日20:52頃 M6.1 南緯42.19度 東経173.61度 16.0km
・13日20:32頃 M6.5 南緯42.25度 東経173.63度 10.0km

・今年、M7級は13回発生も、M7.8は3月2日にインドネシア・スマトラ島南西沖で、4月16日にエクアドルで発生した地震と並び最大級。

■被害状況など
【人的被害】
・死者:2人〔NHK・共同〕

◆被害詳細
・ニュージーランドのキー首相が日本時間の14日午前3時前から記者会見を行い、これまでに2人の死亡が確認されたことを明らかにした〔NHK〕
・地元メディアによると、震源地近くのカイコウラで建物が倒壊したり、負傷者が出ているとのことで、防災当局が情報収集を続けている〔NHK・共同〕
・クライストチャーチでは避難を呼びかけるサイレンが鳴り響き、首都ウェリントン中心部では数千人が避難している〔読売〕
・防災当局は、ニュージーランドの東部などでは津波に警戒し、海岸に近づかないよう呼びかけている〔NHK〕
・ 震源に近いカイコウラを流れるクラレンス川が決壊、住民に高台への避難を呼びかけ〔NewsDigest〕

【物的被害】
・カイコウラでは電話がつながりにくい状態〔NHK〕
・一部の地域では停電や地割れなどが報告されている〔朝日〕
・各地で建物や道路に被害が出ているとのことで、防災当局では被害の確認を急いでいる〔NHK〕

【邦人安否】
・首都ウェリントンにある日本大使館によると、これまでに日本人の人的被害の情報は入っていない〔NHK・共同〕
・現地では、地震直後に起きた停電の影響で、被害の大きかった地域に住むすべての日本人と連絡が取れているわけではないことから、外務省では引き続き確認を進めている〔NHK〕

■ニュージーランド南島付近を震源とする最近の大きな地震(USGSほか)
・2011年 2月22日12:51頃 M6.1 クライストチャーチ市の南東約10km 死者185人(うち邦人28人)
・2010年 9月 4日04:35頃 M7.0 クライストチャーチ市の西約40km 死者なし

■基礎データ
ニュージーランド
・人口:約424万人
・首都:ウェリントン(北島)
・在留邦人数:17991人(外務省発表)

This site is managed by
Rescuenow Inc.

このサイトは危機管理情報企業、株式会社レスキューナウが運営しています。

レスキューナウで配信しているニュースのほか、他社配信記事からのクリッピングも掲載しています。

RIC24とは?
このサイトについて
個人情報について
サイトのご利用について
お問い合わせ