ニュース

2011年の山岳遭難件数・遭難者数は過去2番目の多さ-警察庁 12.06.29 00:30


2011年の山岳遭難件数・遭難者数は過去2番目の多さ-警察庁 6月21日、警察庁生活安全局地域課は昨年(2011年(平成23年))の山岳遭難の概況についてまとめた。

 

それによると、昨年の山岳遭難の件数は1830件、遭難者数は2204人(うち死者・行方不明者数は275人)となり、いずれの数字とも前年を下回ったものの、遭難件数・遭難者数は統計の残る1961年(昭和36年)以降では一昨年(2010年)に次いで過去2番目の多さとなった。
また、昨今の中高年層の登山ブームを背景にして中高年層の山岳遭難が増加し、遭難者全体の75%以上、死者・行方不明者の90%以上を40歳以上のいわゆる「中高年層」が占める結果となっており、特に60歳以上の遭難者が全体のほぼ50%を占めている。
一方、遭難の原因としては、道迷いが最も多く全体の40%以上を占めているほか、滑落や転倒などもあわせて30%以上で続いており、いずれも登山者の不注意や安易な行動によって発生することが多くなっている。

こうしたことから、警察庁では、登山計画書の提出による綿密な登山準備の策定/危険箇所の事前把握/悪天候時の登山の中止など状況の的確な判断/滑落・転倒を防止する装備の準備/地図やコンパスの携帯による現在位置の確認/等を呼び掛けている。
また、単独登山による死者・行方不明者の割合が複数登山者の2倍以上に上っていることから、単独行動は極力避け、経験を積んだリーダーによる複数名での登山を推奨している。
(6月29日更新)

◆警察庁生活安全局地域課:平成23年中における山岳遭難の概況
http://www.npa.go.jp/safetylife/chiiki28/h23_sangakusounan.pdf
 
[関連記事]
・大型連休中の北アルプスで遭難や事故相次ぐ、10人死亡(5/5~)【第2報】
http://www.rescuenow.net/2012/05/855.html

・エイジの防災ウォッチ!2009年10月号(1)防災ヘリ墜落
http://www.rescuenow.net/2009/10/post-747.html

※写真はイメージです。本文とは直接関係ありません。

ページの先頭へ


ブログ
エイジの防災ウォッチ! エイジの防災ウォッチ!
2010 年6月号(1)製品の「使用上の注意」を読んで事故防止へ
道端からの提案 道端からの提案
道端からの提案『がんばれ新人さん』
防災研究家の与太噺 防災研究家の与太噺
「NPO法人東京いのちのポータルサイト」発足総会懇親会より愛を込めて
食中毒の防ぎ方 食中毒の防ぎ方
サルモネラ菌食中毒大発生の予感
レポート
災害製品レポート 災害製品レポート
イベント・防災体験レポート イベント・防災レポート